TOC を基盤とした改善研修・経営改革を行う 飯塚革新コンサルティング

調達・物流の改善技術入門

調達・物流の改善技術入門

対象者  : 生産ラインのリーダー、スタッフ、資材担当者、生産技術担当者
研修期間 : 1日間 (標準 : 10:00 ~ 16:00 の5時間)

部品や材料を調達するための改善と、ものを運搬するための改善技術を習得します
生産ラインで部品・材切れを起こさないための考え方と、ものをスムーズに流すための方法を、ゲームやケーススタディーにより解かり易く学べる研修です。突然の計画変更や搬入の遅れなどから、生産予定を守る方法と、仕掛削減・リードタイム短縮を図るための物流改善技術を学ぶ研修です。

研修カリキュラム

1.材切れ・部品遅れを無くすには?
① 遅れの伝播
② 材料・部品調達の仕組み
2.ものを早く流す方法
① 生産効率とロットサイズ
② リードタイム短縮例 「事例紹介
3.サプライチェーンのコントロール
① 材切れ・仕掛過剰のメカニズム体験
「サプライチェーンゲーム

狙い

  • 材切れや部品遅れが「なぜ」発生するのかを、ゲームにより知ることで、その原因を減らすための方法を学びます。
  • 仕掛り削減、リードタイム短縮のための、改善技術を習得します。

特徴

  • はじめて改善技術を学ぶ方でも、ゲームやケーススタディーを通して体感することで、楽しく・解かり易い学習方式を採用しています。
  • サプライチェーン上で発生する「遅れ」の問題や、欠品や過剰在庫の原因を、ゲームにより体感することができ、改善するためのヒントを得られます。
  • サプライチェーンの管理方法について、キーとなるポイントを習得できます。

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ

コンサルタントについて

著者の写真
IKC 代表: 飯塚 昇
TOC コンサルタント
TOC-ICO 認定資格 Jonah (思考プロセス) 取得
Copyright © 飯塚革新コンサルティング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.